温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第114回】生まれ変わった伊豆の老舗宿 〜 玉峰館〜 (静岡県・峰温泉)

<<   作成日時 : 2014/02/28 19:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

早咲きで知られる「河津桜」は2月末〜3月頭が見頃。ちょうどいまの時期に満開を迎えています。菜の花の黄色と桜のピンク色とのコントラストがとってもきれい。毎年多くの観光客が押し寄せます。

画像河津桜の咲く伊豆では近年、リニューアルする宿が増えていますが、河津温泉郷の一つ、峰温泉でもリニューアルオープンした宿があります。

大正15(1926)年創業の「玉峰館」。昨年(2013年)5月にリニューアル、素敵な宿に生まれ変わりました。リニューアルからかなり時間が経っていますが、先日宿泊してきました。

コンセプトは「古き、新しき、極み。」

世界的なインテリアデザイナー、内田繁さんが旅館初のプロデュースを行い、大正時代の趣きある風情は残しつつ、現代的なデザインを融合させ、新たなくつろぎの空間を誕生させました。

旅館の入口左手には、モクモクと噴煙をあげる温泉櫓(やぐら)。
玄関に温泉櫓がある旅館は珍しく、湯の豊富な宿であることを印象づけています。
木造2階建ての趣きある玄関から中に入ると、一転、黒を基調にした落ち着いた空間が出現します。

左手には200種のワインを備えたワインセラー、右手の土産物売場にはグラス、箸、器など品のよい商品が並んでいます。左の蔵だったスペースはペンダントライトがやさしい灯りを照らすバーに生まれ変わりました。

老舗宿だけれど、古さは感じさせず、伝統建築とうまく調和しているのはさすがです。

廊下がアーチ型の天井だったり、古い箪笥が置かれていたり、客室の天井にも丁寧な手仕事の網代天井が残されていたり……。

大正時代の雰囲気がそこかしこに感じられて、とても居心地のよい宿です。

峰温泉の歴史をさかのぼると、1200年以上前の奈良時代とのこと。この界隈にわき出す霊泉を「花田の湯」と称していたそうですが、いつしか枯れてしまい、伝説の湯となっていました。

画像その湯が復活したのは大正15年。玉峰館の創業者、稲葉時太郎氏が4年の歳月をかけて温泉掘削に成功しました。爆音とともに噴き上げた源泉の場所は、玉峰館に隣接した「大噴湯公園」。いまも温泉櫓から毎分600リットルの源泉が自噴しています。

玉峰館の源泉は全部で3本。
泉質はナトリウム‐塩化物泉で、男女別大浴場と3つの貸切風呂、客室の露天風呂に注がれています。源泉は100℃近い超高温なので、井戸水で加水、かけ流ししています。

温泉櫓の横にある大浴場では、温泉が噴き出す音を聴きながら、露天風呂では星空を眺めながら、あるいは自然の風を感じて入浴することができます。離れと本館1階客室の計8室には露天風呂がついていますが、2階の客室はお風呂はありません。でも、信楽焼の風呂、石風呂、露天と内風呂を備えた3つの貸切風呂(40分)があるのでそれで十分でしょう。

客室はベッドルームのある和洋室がほとんどですが、ふとんで寝られる和室も2部屋。離れの客室は現代的なデザインなので、老舗ならではのレトロ感を味わいたい人には2階の客室をおすすめします。

画像そして、この宿の自慢はお料理。
料理長はなんと30代! 老舗料理店「なだ万」をへて、神楽坂の和食店「來経(きふ)」で料理長を務めた立石真平氏が和と洋を組み合わせた「新日本料理」で腕をふるっています。

「稲取産金目鯛の炭焼き 桜海老ソース」「黒ムツと浅蜊のポアレ仕立て」「和牛ロース肉冷霜ウニ包み」「和牛ヒレ肉網焼き 焼きフォアグラ味噌」など肉と魚からメイン料理2品を選ぶプリフィックスを採用。

写真は少々暗く写っていますが、ひとつひとつの食材に丁寧な仕事を施し、器もこだわっていて、見た目もきれい。まさに旅館料理を超えて、素晴らしいの一言!

客室では全室に空気清浄機、タオルは今治タオル、バーでのワンドリンクサービス、離れにはかごに入ったお菓子やコーヒーマシンが置かれ、冷蔵庫は無料。レインシャワーを採用しているほか、アメニティは自然派の「まかないこすめ」と「THANN」。さらには、源泉を茶器に入れた源泉フェイシャルパックのセット、食後のおにぎり、ナイトスチーマーやブルーレイディスクの貸し出しなど、考えつく限りのありとあらゆるサービスを提供しています。

画像ところで、この宿は、GMOクリック証券という会社が親会社で、投資事業の一環としてスタートしたとのこと。スタッフは若い人ばかりで、既存の旅館業のイメージとは違っていたのですが、親会社の名前を聞いて納得しました。女性目線でのサービスが多く取り入れられているのも、若いスタッフが多い会社ならでは。

これからどんな宿になっていくのか、楽しみです。

玉峰館

静岡県賀茂郡河津町峰440
●16室(離れ4室)
●1泊2食24,150円〜(2階、一人宿泊の場合39,150円)、33,150円〜(1階)、40,150円〜(離れ)
●IN 15時/OUT 11時
●日帰り入浴 不可

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文