温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第100回】魅惑の混浴温泉にようこそ 〜加仁湯〜 (栃木県・奥鬼怒温泉郷)

<<   作成日時 : 2013/07/30 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 7

2009年からスタートしたこの連載も今年で5年目。
記念すべき100回目となりました〜
今回は、あの人気の秘湯です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「女子的秘湯の楽しみ方」
つい最近、こんなテーマの雑誌取材を受けました。

すぐに行けるところは、秘湯とは言い難い。
でも、何時間も歩いていくのは、初心者にはちょっときつい。

秘湯ムードを味わいつつ、アクセスもそれなりに確保できる。そんな温泉の代表が、奥鬼怒温泉郷にある「加仁湯」です。

バスなら25分、歩いて1時間30分
秘湯のにごり湯へ


標高1350メートル。
近いようで遠い。遠いようで近い。この絶妙な距離感が、秘湯への期待感を盛り上げます。

宿までマイカーで直接乗り入れることはできません。女夫渕(めおとぶち)の駐車場まではバスかマイカーで行き、そこから宿の送迎バスに乗り換えて25分。あるいは、天気が良ければ約1時間30分のトレッキングでたどりつく、山奥の宿です。

「かにゆ」と命名したのは現社長の曽祖父。沢から温泉が湧き、そこでカニが遊んでいたところから、「加仁湯=かにゆ」と命名したそうです。温泉を発見したのは、6代前に遡りますが、旅館のスタートは戦後になってからのこと。

5画像本の源泉は1本は無色透明、4本は乳白のにごり湯。同じ硫黄泉でも青味がかっていたり、黒っぽかったりと、少しずつ泉質が違います。湯量はトータルすると毎分360〜370リットルと豊富なので、すべての浴槽がかけ流しというのも嬉しいですね。

まずは、混浴露天風呂へ。
この宿の露天風呂はほとんどが混浴。大自然の中の開放感が魅力です。
白濁で入りやすいですが、タオル巻きもOK。川沿いの岩をくりぬいた野天風呂は目隠しもあって女性でも入りやすく、一人で入るのにちょうどの大きさです。

一方、「ロマンの湯」は小さい湯船が木の板で仕切られていて、自分だけの湯を満喫したい人向け。温度は熱めですが、直接源泉が注がれているので、温泉の個性を直に感じることができます。

画像「混浴は落ち着かない」という女性に配慮して、女性専用の風呂もあります。湯に浸ると、「まろやか」という言葉がぴったりとくる中性の硫黄泉。屋根がかかっている右側はあつめ、左側はぬるめで、好みに応じて入り分ければ、長湯もできます。流木や岩など自然界の造形美を活かした造りで、本当に気持ちがいい。上方を見上げると、眩しい緑。対岸も緑。川のせせらぎを聴きながら、森林浴が楽しめる素敵なお風呂です。

さらに、湯量豊富な宿ならではの施設が、夏限定のプール。
湯船の排水と余り湯を3種類ほど混ぜて注いでいる贅沢な温泉プールはほかではなかなか出合えません。

12月の2週目以降は、雪深い山奥ならではのお愉しみ、雪見風呂。さらに、12〜4月は天文ガイドが同行する「ナイトウォーク」も人気です。

加仁湯
栃木県日光市川俣871
●全52室
●IN 12時/OUT 10時(送迎は9時、11時20分)
●1泊2食15,900円〜
●日帰り入浴可(500円、9〜15時)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。


テーマ

月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
100回おめでとうございます!
いつも楽しい温泉記事ありがとうございます!
これからも楽しい温泉ネタを楽しみにしていま〜す。
ちびママ
2013/07/31 11:15
加仁湯温泉へ行ってみたくなりました。
関東近郊でにごり湯っていいですね〜関東から近くてにごり湯ありますか?
緑の中で癒されたーい!
旅すきー
2013/07/31 12:30
いつも楽しく読ませていただいています。
連載100回おめでとうございます!
にごり湯いいですね。カニが居たから「加仁湯」っていうの面白いですね。これで名前ばっちり覚えました!ぜひ行ってみたいと思います。
湯みこ
2013/07/31 13:16
温かいコメント、ありがとうございます〜♪
みなさんの旅館・温泉選びの参考になる情報をお伝えしていきたいと思います!!
Re:ちびママ様←nozoe
2013/07/31 13:41
旅すきー様。

関東から近いにごり湯は、
群馬県は伊香保温泉。ちょっと遠くなりますが、草津温泉、万座温泉。
栃木県には那須湯本や那須塩原、奥日光、
神奈川県は箱根の強羅・仙石原・芦之湯などがあります。
また、千葉県にも弁天鉱泉というにごり湯がありますよ♪
Re:旅すきー様←nozoe
2013/07/31 13:47
湯みこ様。

読んでいただいて、ありがとうございます!
鶴が見つけて「鶴の湯」、鷺が見つけて「鷺の湯」など、わかりやすい温泉名が多いですね。

加仁湯、確かに記憶に残る名前ですね〜(^^)v

Re:湯みこ様←nozoe
2013/07/31 13:53
美人な若女将がいる宿ですよね(*^^*)
たぬき
2014/03/23 23:59

コメントする

ニックネーム
本 文