温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第95回】箱根で楽しむミルク色のにごり湯 〜美肌の湯 きのくにや〜 (神奈川県・芦之湯温泉)

<<   作成日時 : 2013/05/16 11:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「箱根で、にごり湯の宿に泊まりたい!」
と思ったときにおすすめなのがこの宿。

人気の温泉地・箱根温泉郷で、にごり湯を楽しめるのは、大涌谷から引き湯をする仙石原や強羅、芦ノ湖のほか、芦之湯などいくつかのエリアのみ。

江戸時代に「箱根七湯」の一つにも数えられ、箱根で最も標高が高い芦之湯温泉には、箱根では珍しい自然湧出の硫黄泉が湧いています。このエリアにある3軒の湯宿の一つ、「美肌の湯 きのくにや」は正徳5(1715)年開業、300年の歴史を持ち、滝 廉太郎が療養で滞在中に「箱根八里」の作曲をしたという由緒ある宿です。

料金帯が高めの箱根にあって、1万円台と2万円台の料金帯は、気軽に訪ねられる常宿候補です。

箱根で人気の美肌づくりの湯
部屋タイプもいろいろ


“美肌の湯”を謳うきのくにや。
“美肌の湯”は、全国のいろいろな温泉が枕詞のように使っている言葉だし、雑誌などでもよく見かける言葉なのですが、なんと、平成12年に出願し、平成14年に商標登録をしているそうで、宿の玄関には登録証もありました。

画像この宿の醍醐味は、自家源泉の乳白色のにごり湯と、さっぱりとしたうす濁りの湯の2種類の湯が楽しめること。

宿に着いたら、いざ温泉へ向かいます。大浴場は本館、別館に各1カ所の計2カ所(男女別)。それぞれ内風呂、露天風呂があって、お湯の違いを楽しみながらの湯浴みができます。

別館貴賓殿の内湯は、ぬる湯の白濁にごり湯。
大浴場の内湯は熱めだと長く入っていられないことが多いのですが、ここの湯はぬるめに設定してあるため、じっくりとお湯に浸かることができます。

この日は、小さい赤ちゃんとお子さんを連れたお母さんが、湯船の中で遊んでいました。赤ちゃんにも刺激の少ない弱アルカリ性、ぬるめの温度のにごり湯は、ありそうでなかなかないから、小さいお子さんを連れた家族連れには嬉しい宿でしょう。

画像さて、この宿でぜひ入りたいのが、木造りの湯小屋の中に檜の四角い浴槽が2つ並んだ「正徳の湯」。玄関を出て、ほぼ正面にある貸切風呂で、メディアにもよく取り上げられています。

中に入ると、右はあつめのカルシウム・ナトリウム・マグネシウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉。左にはぬるめの単純硫黄泉が満ちています。

美白効果の高い乳白の湯と肌のハリとうるおいを取り戻し、若返り効果が期待できるお湯へ交互に入ることで、美肌効果もアップ! 

貸切風呂はこのお風呂とは別にもう2カ所あって、合計3カ所。いずれも30分2,000円かかりますが、入る価値はあり。宿に到着したら、すぐに予約を入れましょう。

本館は木造2階建て、レトロな雰囲気の「吉昇亭」と広めの間取りの「春環楼」。

別館は本館よりもグレードをアップさせた「遊仙観」のほか、にごり湯の露天風呂がある「離れ」もあります。予算と宿泊したいお部屋のイメージによって、さまざまな部屋タイプから選べるのもいいですね。

さらに、宿のHPには、直前限定の1万円を切るお得プランもあるので、要チェックです!

〈おまけ〉
画像モクモクと噴気を上げる「大涌谷」の名物・黒たまごは、1個食べると7年寿命が延びるといわれています。

この宿から車で15分。またはバスと遊覧船、ロープウェイを乗り継いで行くことができます。


美肌の湯 きのくにや
神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯8
●全40室
●IN 14時/OUT10時
●1泊2食 本館12,150円〜、別館21,150円〜(一人宿泊平日のみ可、16,150円〜)
●日帰り入浴可(1,000円、平日12時30分〜16時〈最終入館15時まで〉、土日祝日12時30分〜15時〈最終入館14時まで〉)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
箱根にもにごり湯ってあったんですね〜知りませんでした。
今度訪れてみたいです(^^)
Roses64
2013/05/17 15:27
にごり湯は温泉らしいですよね!
ぜひ行ってみてくださいね
Re:Roses64様←nozoe
2013/05/17 16:53

コメントする

ニックネーム
本 文