温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第90回】由布岳を望む絶景露天 〜山のホテル夢想園〜 (大分県・湯布院温泉)

<<   作成日時 : 2013/02/28 17:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

若者がそぞろ歩きをする土産物屋が立ち並ぶメインストリートの混雑ぶりに、「ここは原宿か?」と驚いたのは10年以上前。

湯布院温泉には、ここ1年の間に3度ほど訪れる機会がありましたが、今も人気は衰えず。10年前と違うのは、台湾や韓国など外国からのお客様が増えた、ということくらいでしょうか。

旅館組合加盟の宿は95軒。旅館組合非加盟の宿まであわせると、なんと140軒もあるというから、驚きます。さすが、由布院!!!

そんなわけで、軒数が多すぎると、どこの宿を選んでいいんだろう??
はたまた、
どこの宿を取材しよう??
と悩むところですが、
「露天風呂から由布岳が見える」ところは実はそんなに多くはありません。

町の中心にある旅館からは由布岳が見えないことが多いですが、高台にある旅館や郊外にある宿の露天風呂からは由布岳が望めます。

広々150畳!
由布岳を望む絶景露天

露天風呂に入って、雄大な由布岳を眼前に眺めたい! という人におすすめなのが、「山のホテル夢想園」。

5千坪の敷地に、客室は「本館」「別館湯山亭」「新館弘法亭」の3棟、
お風呂は、露天風呂は男1、女2、家族風呂が4つあります。

男性用露天風呂「ご夢想の湯」は約100畳、日田から職人がきてつくった、茅葺き屋根の風情ある湯小屋が印象的です。

画像女性専用露天風呂「空海の湯」はその1.5倍の150畳。

どーんと広くて、ゆったりと大きな気持ちになれる大露天風呂は圧巻です。そういえば、雑誌などに登場する「由布岳を望む露天風呂」は、ここの写真が使われることが多いかもしれません。

とくに女性用大露天風呂からの眺めは、遮るものがなく、右手に由布岳、正面には福万山という超絶景! 夕方、風呂に入れば、夕日も眺められます。10月中旬には、由布岳が真っ赤に染まり、紅葉もきれいです。

画像この宿は、お料理自慢の宿でもありました。

夕食は、あん肝豆腐や唐墨、栗麸などの先付から始まり、地元で採れた野菜や山菜、川魚や近海魚をうまく使った台物、蓋物、和牛ステーキや地鶏の鍋など。

一品一品丁寧に作りこまれていて、かなりレベルが高い料理です。

〆のスイーツは手作りの豆乳プリンと季節の果物。

朝食でも供される、宿オリジナルの「豊後牛のそぼろ」「椎茸わさび」「鯛みそ」などは売店でも購入可能。料理にこだわる人も満足できる宿です。


山のホテル夢想園

大分県由布市湯布院町川南1243
●全34室
●IN 15時/OUT 11時
●1泊2食18,000円〜
●日帰り入浴可(700円、10〜15時)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文