温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第88回】林の中の魅惑の貸切風呂へ 〜旅行人山荘〜 (鹿児島県・霧島温泉郷)

<<   作成日時 : 2013/01/31 12:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

露天風呂からの素敵な景色に憧れて、いつかは行ってみたいと思っていた「旅行人山荘」。全国に貸切風呂を持つ宿はいくつもありますが、こんなに広くて、自然との一体感が味わえる貸切露天風呂は、ここが一番かもしれません。
画像

5万坪ある広い敷地に点在する、貸し切りの露天風呂は4つ。さらには、男女別大浴場の露天風呂まで、素晴らしい眺望を誇る絶景温泉です。

画像

野趣あふれる自然派
貸切風呂が主役の宿


画像大浴場の露天風呂から見えるのは、錦江湾と桜島、そして夕日‥‥‥。

内湯と露天風呂にそれぞれ異なる2種類の湯がかけ流しで注がれていて、それだけで十分、幸せな気分に浸れますが、この宿の醍醐味は、林の中の貸切風呂にあります。

まず、向かったのは、「鹿の湯」。建物から出ないで行ける唯一の貸切風呂で、林を望む石の浴槽に少し白濁した湯が張られています。泉質は、単純硫黄泉で、浴槽には湯花が薄く積もり、手で触ると細かい湯花がパーっと温泉水に溶け込み、乳白の湯が肌を潤してくれます。夕日がきれいなので、夕方に入るのがおすすめです。

画像貸切風呂は45分限定ですが、空いていれば、複数の湯船に入ることも可能。

「この風呂に入りたい!」と、宿選びのきっかけにもなっている湯が、原田知世さんの「Blendy」やJR九州のCMでも使われた「赤松の湯」。あっという間に予約が埋まってしまう一番人気の露天風呂なので、チェックインあるいは予約時に、すぐに予約を入れましょう。

宿から5分ほど歩いていった先にある赤松林の中にあり、2つに仕切られた大きな岩風呂に白濁した単純硫黄泉がたっぷり注がれています。春〜夏の緑、12月の遅い紅葉、冬の雪景色など、四季折々に訪れてみたい露天風呂です。

画像さらに、宿前方の林の中、石段を上って1、2分歩いていった先に、左手には「ひのきの湯」、右手に「もみじの湯」があります。これら2つの露天風呂は、囲いはあるけれど、うまい具合に造られていて、開放感もあり、湯に浸かった目線の先にはふかふかの落ち葉と雑木林が広がっています。

この日入ったのは「ひのきの湯」。目の前の木は松林ですが、以前は檜の浴槽だったとのことから、この名がついたそう。現在は石造りの丸い浴槽です。単純温泉ですが、無色透明の湯の中に、太い糸状の湯花も舞い、温泉情緒もあります。初冬の凛とした空気が清々しく頬を撫でてくれます。

周辺は、樫やくぬぎ、栗、もみじ、松などの林が広がり、野生の動物と出会うことも。

お風呂への移動の途中には、かわいい鹿の親子とも出会いましたよ。
画像

片道15分で行ける「花房の滝」の散策路も整備されているので、気軽なトレッキングも楽しめます。

桜島を望む食事処で
ヘルシーな料理を


画像ガラス越しに桜島を眺める食事処でいただくお料理も絶品。
夕食で出てくる、オリジナルの「大隅鍋」は、黒豚と赤鶏を使った地鶏ミンチのほか、笹がきごぼうや大根、にんじん、しめじなどお野菜もたっぷり入っています。

また、翌日の朝食は、あじの干物や紫芋のとろろ、温泉卵、手作り豆腐ともろみ醤油、黒酢ジュースとヘルシーなメニューが並んで、女性には嬉しい限りです。

大自然の中の露天風呂、素晴らしい景色、素朴ながら地場の食材を使った美味しい料理と3拍子揃った宿でありながら、料金は1泊2食で9,950円〜と利用しやすく、露天風呂付きでも14,950円〜。人気宿なのに、一人旅にも柔軟に対応(一人客は+3,000円)してくれるなど、旅行者が喜ぶ要素をきっちりと抑えているので、年間の平均稼働率も非常に高い、人気宿です。空いていればラッキーなので、即予約!

紅葉シーズンは予約をとるのが難しいですが、冬のオフ期は予約も取りやすく、宿泊者数が少なければ、複数の貸切風呂巡りが可能なので、かなりおすすめです。  

旅行人山荘

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3865
●全42室
●IN 15時/OUT 11時
●1泊2食9,950円〜(一人宿泊の場合+3,000円)
●日帰り入浴可(500円、12〜15時、貸切露天は50分1人1000円、11〜14時10分)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文