温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第84回】島のイタリアンオーベルジュ〜五島列島リゾートホテル マルゲリータ〜(長崎県・新上五島町)

<<   作成日時 : 2012/11/29 12:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像長崎の西約100kmにある五島列島。
大小140の島々からなる、リアス式海岸の風光明媚な風景がゆるやかな島時間へと誘ってくれます。

今回訪れたのは、五島列島のなかで2番目に大きい「中通島」を中心とした新上五島町に、2012年3月にオープンしたばかりのイタリアンオーベルジュ「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」。

「しんうおのめ温泉荘」という国民宿舎を建て替えたもので、町が所有、民間が企画・設計、建設管理・運営受託する公設民営型は、リゾート施設では日本初の試みです。

宿へのアクセスは、長崎港から高速線に乗って1時間40分。さらに、鯛ノ浦港から送迎車に揺られること30分。海を望む高台に立つ絶好のロケーションで、ホテルからは朝日と夕日、両方を望めます。

画像ホテル名の「マルゲリータ」はイタリア語で“マーガレット”の意味。
玄関前や中庭に敷き詰められた白い可憐なマーガレットの花が出迎えてくれるハズ……でしたが、この日は季節柄、花は咲いてはいませんでした……残念。
次の機会に!

五島は近世以降、キリスト教と深い関わりを持ってきた島でもあります。
江戸時代には禁教令によって隠れキリシタンが生まれ、その後、明治になって信仰が復活した後に建てられた教会群は29もあり、ホテル自体が「祈りの島」をイメージして造られています。

画像白を基調にしたシンプル&クラシカルな内装で、29の客室は3タイプ。周囲の自然と調和して大きな窓から上五島の清々しい海景を満喫することができます。

さて、温泉は男女別に大浴場が1カ所ずつ。
少しにごりのある単純温泉が注がれており、男女の浴場ともに内湯から朝日、露天風呂からは夕日が眺められます。

シチリアの風を感じる
本格イタリアン


画像夕食は、オーベルジュをうたう宿ならでは。

シチリア島で2年間の修行を積んだ、シェフが腕を振るう本格イタリアンか、「和食が食べたい」という人は、島の食材を使った郷土料理「島ごはん」のどちらかが選べます。

この日の夕食は、
自家製ハムや焼きたてパンをはじめ、タコのスチームのカルパッチョ 、ヤリイカのトマト煮、五島魚のラグーソース スパゲッティ、鮮魚のオーブン焼き、五島牛のグリル。

スタッフがサーブしてくれる焼きたてパンは食べ放題です。
ゴマやチーズ、レーズン、ベーコン入りのパンのほか、ローズマリーのフォカッチャなどカゴいっぱいのパンが運ばれてきて、大満足でした。

〆のスイーツはティラミスやケーキ、ジェラートなどなんと6種類から選べるスタイル。
また、翌日の朝食はシンプルながらしっかりと出汁をとったおいしい朝食。こちらも和・洋食から好きな方を選べます。

1万5000円台〜で、この施設、料理、サービス! 
島宿の底力を感じるホテルです。

五島列島リゾートホテル マルゲリータ

長崎県南松浦郡新上五島町小串郷1074
●全29室
●IN 15時/OUT 10時
●1泊2食15,150円〜
●日帰り入浴可(800円、11〜17時)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文