温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第76回】100の宿泊プランと日替わり小鉢でおもてなし 〜由布院 いよとみ〜(大分県・由布院温泉)

<<   作成日時 : 2012/07/30 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像人気の観光地・由布院に話題の宿があると聞いてやってきました。平成22(2010)年にリニューアルした「由布院 いよとみ」。宿の開業は昭和3(1928)年、今年で85周年を迎えます。

リニューアル後の稼働率は90%。その人気の秘密が知りたくて、はるばるやって来たわけですが、どうやら、秘密は人にあり、です。

由布院の風をイメージした全12室と
手作りの田舎小鉢会席


画像この宿を切り盛りするのは、ご両親が亡くなったのを機に、13年前に24歳で宿を継いだ冨永希一さん(38歳)ご夫妻。希一さんはオーナーシェフとして毎日、宿の料理を作りながら、地域づくりにおいても重要な役割を担い、さらには「ゆふいん源流太鼓」の和太鼓奏者として全国各地への出張講演にも出かける、パワフルな人でした。

リニューアル前は、老朽化が進んでいた小さな宿。
「ちょっと“化粧”をすることで、稼働率が上がった」(冨永さん)といいますが、その化粧方法も独特です。

宿のリニューアルを担当したのは、3年前に由布院のモノづくりのために公募で集まった「由布院デザイナーチーム」。観光協会のパンフレットや印刷物をはじめ、タオルや石鹸といった生活雑貨など、由布院全体のデザインの底上げのためにつくった組織で、旅館のリニューアルやロゴ制作に関しても、この2年で約10軒を手掛けたといいます。

宿は、由布院をイメージする“風”を色で表現し、全12室を「櫻」「紫苑」「山吹」など日本の伝統色を用いて、壁紙もその色で統一。廊下は、カラーモルタルにむしろを張ってはがし、独特な質感に仕上がっています。

1室2名利用1人8,550円〜(1名利用の場合は+1,050円)とリーズナブルな料金ながら、施設も料理もなかなか素敵。

画像夕食は、かわいらしい小鉢に入った前菜12皿のほか、メインメニューは地鶏鍋、黒豚しゃぶしゃぶ、豊後牛ステーキなどから選べます。

この日の夕食は、
前菜に、ポンカン酒、焙煎黒胡麻豆腐、由布院レイシとえのきのおろし和え、干し牛蒡のきんぴらと紅ハルカの檸檬煮、春雨のさっぱりサラダ、柚子もずく、手作り蒟蒻の味噌煮とスナップエンドウの胡麻和え、豚モツと豆苗の柚子酢和え、芹とキノコのお浸し、筍の豆板醤煮とゼンマイのいりこ煮、胡瓜とクラゲの中華風、切干大根の夏和え。
そのほか、カンパチとヒラメのお刺身、風呂吹き大根の鶏味噌仕立て、真蛸の酢味噌和え、手羽元のトマト煮込み、地鶏鍋と雑炊。デザートは柚子ソルべ。
一品一品、心のこもったお料理です。

これだけの品数が食べられて、宿泊料金は1万円以下。しかも場所は由布院。人気が高いのも納得です。

メイン料理以外のメニューは、「その日手に入った食材によって、メニュー構成を考える」(冨永さん)そうで、全て日替わり。農家のおばちゃんにレシピを教えてもらったりもするそうです。

さらに、宿泊を決める段階から旅のワクワク感を高めてくれるのが、アイデア満載の宿泊プラン。
「お客さんのニーズに宿が合わせていく」と冨永さんが考えたプランは……
・寝巻や歯ブラシ、タオルは自分で持っていく素泊まりの「エコプラン」
・前菜小鉢を10品に抑えた「ヘルシーステイプラン」
・弁当、MAP、お茶、登山グッズ、チェックアウト前の入浴を付けた「登山プラン」
・おむつやおしりふきなどお母さんの荷物を減らす「ママ手ぶらプラン」
・手作り箸や朝食パンなど地域の店の協力で生み出した「地域コラボプラン」
・保湿手袋、保湿靴下、温泉ミストなどをセットにした「女子旅応援プラン」

など、その数は、全部で100あるといいます。

画像温泉は90℃以上ある高温の自家源泉を由布岳の脇にある湯山の湧水で割った単純温泉で、全3カ所。岩組みの大きな露天風呂のほか、縁部分が檜の石風呂は大風呂と小風呂があり、すべてかけ流しです。

翌日の朝食も焼き魚や卵、豆腐、ポテトサラダ、空豆、小松菜の煮びたし、茄子、大豆の煮物など。大きな椀に入ったがごめ汁が満足度をさらにアップさせてくれます。
これぞ日本の朝食! という朝ごはんを食べて、宿を後にしたのでした。

由布院 いよとみ

大分県由布市湯布院町川南848
●全12室
●1泊2食8,550円〜(一人宿泊可+1,050円)
●IN 15時/ OUT 10時
●日帰り入浴 不可

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
由布院、たまにはのんびり行ってみたいですね〜。
夏場は疲れが蓄積されてくるので、近場の温泉でも行こうかな?
きらりん
2012/08/03 12:03

コメントする

ニックネーム
本 文