温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第64回】熱海のかかりつけ湯 その1〜松風苑(静岡県・伊豆網代温泉)

<<   作成日時 : 2012/01/30 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ある宿では、600キロカロリーに抑えたヘルシーメニュー。
別の宿では、温泉スパでのヨガや指圧。
また別の宿では、薬草露天風呂etc.……。

伊豆の「かかりつけ湯」は、温泉を核として、個性的な癒しのメニューを提供する宿が加盟する団体。現在、伊豆全域に52軒あります。今回は、熱海地区の「かかりつけ湯」を訪れました。

熱海といえば、社員旅行や団体旅行の宴会のイメージが強いですが、そんな一時期のイメージから脱却し “湯治場熱海の復権”を目指そうと、官民あげて取り組んでいるところです。


熱海では珍しい、美肌つるつる湯
温泉水を使った料理も好評


今回泊まったのは、熱海の中心街から南の多賀地区にある宿。pH9.5のつるつるの湯を持つ「松風苑」です。

かつては、日本赤十字社・初代社長、佐野常民伯爵の別荘で、4千坪もある日本庭園には、白萩、イチョウ、ヤマモミジ、白梅、紅梅、しだれ紅梅など四季折々の花々が咲き、散策も楽しい宿。「この地で、これだけ強いアルカリ泉が出るのは天の恵み。この霊湯が湧き続けるように」との願いを込めた、走湯神社の分祀もあります。
画像


女性用大浴場には、入ってすぐのところに、打たせ湯とジャグジー、右奥に内湯があります。源泉温度は47℃といいますから、そのまま引きいれて浴槽に入れると、入浴にちょうどいい温度になるでしょうか。季節によって加温・加水し、内湯は循環・放流併用、露天風呂にはかけ流しで注がれています。浴場は毎日清掃し、新鮮な湯が注がれています。

画像

浴槽の形はいたって普通なので写真映えはしませんが、入ってみると、これがなかなかいいお湯。無色透明ですが、アルカリ性なので、つるつるとした感触で、とても気持ちのいい温泉です。打たせ湯のスペースは、浅いので、寝湯としても利用できます。

夕食には、「伊勢えびの源泉蒸し」や「海鮮しゃぶ」、「茶碗蒸し」など、源泉を利用しておいしく仕上がったお料理が並びます。源泉を使うことで、食材が持つ旨みを引きたて、よりマイルドな味になるそう。
画像


さらに、朝食に出てくる「熱海温泉納豆」は静岡産の大豆を一昼夜、松風苑の温泉水に浸して、つくったオリジナル。ぜひお試しあれ。

松風苑

静岡県熱海市下多賀660
●全48室
●1泊2食13,150円〜
●IN 15時/ OUT 10時
●日帰り入浴 可(1,000円、13時30分〜20時、混雑時は不可)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文