温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第32回】450円で大満足!の温泉銭湯〜武蔵小山温泉 清水湯

<<   作成日時 : 2010/09/29 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4

銭湯料金450円で、いい湯に浸かれるなら、こんなにいいことはありません。
しかも、会社や学校帰りに気楽に立ち寄れるロケーションだったらなお嬉しいですね!

画像今回ご紹介するのは、東急目黒線武蔵小山駅から徒歩5分のところにある、都内の温泉銭湯です。

大正期に銭湯として営業をスタート、1994(平成6)年に黒湯を掘り当てた「武蔵小山温泉 清水湯」。今年7月にはナノバブル発生装置を導入して、天然黒湯温泉のナノバブル化をスタートしました。

進化する温泉銭湯
岩盤浴や温泉卵も


気泡を小さくしたナノバブル水には殺菌や水質浄化作用があるそうですが、温泉水をナノバブル発生装置に通すと、温泉成分がより浸透しやすくなるそう。ここの黒湯はもともと、浴槽の中で滑ってしまうくらいの強烈なつるつる感のある温泉ですが、ナノバブル化したことで、水質がよりきれいに保たれるようになったといいます。

「毎年、サーフィンをしていて、夏の終わりは紫外線の影響で抜け毛が多いんですが、それが減りましたね」と話すのはオーナーの川越太郎さん。夏に痛んだ髪や頭皮のケアにもいいようです。

画像おもしろいのはジェットバス。手すりを握っていなければ体が持っていかれそうなほど強力で、頑固な肩こりや背中凝りもほぐしてくれます。黒湯の浴槽は内湯・露天風呂ともに循環かけ流し併用ですが、毎分10トンの豊富な湯量があるだけに、ジェットバスから噴出された水流が大きくくねって、浴槽の外に豪快にかけ流されています。

施設は2008(平成20)年5月にリニューアルしたばかりでモダンな内装。平日の昼間でも若い人が多く訪れています。

450円の温泉銭湯でありながら、異なる源泉が2つあるのも魅力です。

1つは東京都内に多い「黒湯」。コーヒー色をした湯は、手ですくうときれいな琥珀色をしています。メタけい酸及び重炭酸そうだの項で温泉に適合する温泉で、古代の海水に腐植した動植物が溶け込んだミネラルたっぷりの温泉です。

画像2つ目は黄褐色をした「黄金の湯」。ナトリウム‐塩化物強塩温泉の源泉は2006(平成18)年、掘削に成功したもので、毎分260リットルの湧出量があります。成分総計18.66gの非常に濃い温泉をかけ流しで使っています。岩の露天風呂はいい具合に変色し、温泉成分が体にしみ込んでくるのがわかります。すぐにのどが渇いてしまうのは塩分が濃いからでしょうか。マイ・ペットボトルを持ち込んで入浴しているお客さんもいます。

温度は「黒湯」(内湯、露天風呂)で42〜44℃、「黄金の湯」(女性用は露天風呂)が41〜42℃。長湯するにはちょっと熱めの設定ですが、黒湯の源泉浴槽が約20℃ですので、冷たい源泉との温冷交互浴がおすすめです。

浴槽の蛇口からは黒湯の源泉が出てくるのもGOOD。ただし、石鹸、シャンプー類は置かれていないので各自でご用意を。

露天風呂にはウッドチェアが置かれ、女性限定の岩盤浴もあります。
風呂上がりには温泉卵(50円)や、黒酢&レモンドリンク(100円)もどうぞ。
温泉卵は天然黒湯を約60℃に加熱、20分ほど茹でたもの。小腹が減ったら召し上がれ。
画像


武蔵小山温泉 清水湯

東京都品川区小山3‐9‐1
交通:東急目黒線武蔵小山駅から徒歩5分
入浴料:大人450円、小学生180円、中学生300円、未就学無料
岩盤浴:大人1300円(入浴込み)
営業時間:12〜24時(日曜は8〜24時)
定休日:月曜
駐車場:13台(2時間無料)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

テーマ

月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
都会の中なのに趣きのありそうな作りですね
そしてリーズナブル
今度 東京出張した際は利用してみようと思います
□地&○地
2010/10/01 15:53
>ぜひぜひ、利用してみてください〜。
周辺商店街には安くてうまい店もありますよ!
Re:□地&○地様←nozoe
2010/10/01 18:06
すごい!そのお値段でリフレッシュできるなんてステキです。今度癒されに行ってみます。
http://rkcmtwozir.com/
夢子
夢子
2010/11/12 17:36
>450円の温泉銭湯はけっこう使えますよ〜
Re:夢子様←nozoe
2010/11/12 18:45

コメントする

ニックネーム
本 文