温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第24回】おもしろ温泉F標高1400メートルのパワースポット温泉〜藤七温泉彩雲荘〜(岩手県)

<<   作成日時 : 2010/05/21 10:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像あっちからもこっちからもプクプク…プクプク…。

真っ白な湯船で、湯玉が足の裏をくすぐります。

岩手県と秋田県の県境、東北で最も高地にある「藤七温泉彩雲荘」はあたり一帯が地熱地帯の温泉天国。かつては登山客のみが泊まっていた秘湯です。

上から眺めると、四角い白っぽい浴槽が5つ、不規則に並んでいます。白く見えるのは硫黄泉をたたえた露天風呂。標高1400メートル、雲上の露天風呂は豪快でワイルド。どこまでも開放的で、のびやかな気分になれます。
画像

混浴露天風呂は女性はタオルを巻くことができるほか、女性専用露天風呂もある

80℃以上ある高温の自家源泉2本(湧出量は毎分280リットル)を持ち、宿の300メートル上方から男女別の内湯と外湯へ引いているほか、混浴露天風呂では足元から温泉が湧出

あったかい湯船の中で
ご来光を眺める

画像
最近、テレビや雑誌でパワースポットが取り上げられていますが、温泉もまた地球のエネルギーが湧き出す場所。ご来光が眺められたら、ダブルのパワースポットです。

空気に触れると白濁する温泉は、酸性の単純硫黄泉。pH2〜3。殺菌効果が高く、ちょっとぴりぴりとする個性的なお湯。シルバーのネックレス・リングを外さないで湯船に入れば、たちまち真黒になっちゃうので気をつけて!その威力は、館内の金属がボロボロに腐ってしまうほどです。

そんな濃い硫黄の温泉は、入浴すると疲労回復や皮膚病、高血圧症、糖尿病、神経痛にとくに効果が高く、肌のピーリング効果もばっちりです。

早朝、女性専用露天風呂からご来光を眺めました。光り輝く朝日のエネルギーを全身から吸収する稀有な体験。朝一番、朝日の見える露天風呂を目指しましょう!

厳しい自然の中だから
春〜秋の半年営業


画像宿は例年4月25日頃に開業し、雪の降る季節の前に営業を終了してしまうので、たった半年だけしかやっていません。冬の間は何メートルもの雪に埋もれるため、春は壊れた建物を修繕することから宿の営業がスタートします。

部屋にはテレビがありません。自家発電で宿のまわりに灯りがないため、星がとってもきれい。晴れていれば星降る夜空が眺められます。

食事は夕・朝食ともにバイキング。きのこや山菜など山で採れるものを中心にした25種類ほどの素朴なメニューが並びます。決して豪華ではないので見栄えはよくないですが、おいしくって楽しいバイキングです。山の宿は、こうでなくっちゃ!

客室は6畳か8畳の和室でトイレは共同。春や秋はトイレやろうかが寒いときもありますが、客室はきちんとストーブが焚かれているので快適です。古い木造の宿なので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、温泉ってスゴイ!! と感動したい人に、ぜひおすすめしたい宿です。
 
藤七温泉彩雲荘

岩手県八幡平市松尾寄木北の又
●全26室
●1泊2食11,700円〜(一人宿泊不可)
●IN 15時/OUT 10時
●日帰り入浴 可(600円、8〜19時、4月下旬〜10月下旬)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文