温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第19回】豆腐懐石の宿 〜猿ヶ京ホテル〜(群馬県・猿ヶ京温泉)

<<   作成日時 : 2010/03/14 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

低カロリーで栄養満点。脳の老化やボケ防止、骨そしょう症や糖尿病、動脈硬化症の予防にも有効といわれる“豆腐”。赤谷湖を見下ろす高台に立つ猿ヶ京ホテルは、豆腐懐石料理と民話の語りが楽しめる宿です。

宿の豆腐工場で手作り
朝食も夕食も豆腐三昧

豆腐料理は味気ない?
そんなことはありません。肉や魚も使っているので、ボリュームもしっかりあります。

夕食は、桜の木のチップで8時間燻した味わい深い「スモーク・ド・トーフ」など豆腐6変化の「豆腐六珍」@から。下仁田ポークと特選牛のしゃぶしゃぶAは、にんにくが効いた豆乳ベースのスープの中に、水菜や赤かぶ、紫大根などたっぷりのしゃきしゃき野菜を投げ入れて、お肉と一緒にゴマだれでいただきます。温められた豆乳の表面の薄い膜を竹串ですくう「引き上げ湯葉」Bは自分で作るのがとっても楽しい。止椀は白味噌の豆乳仕立て、デザートには豆富かすてら、豆乳の苺アイス雪見大福Cと、豆腐三昧のメニューです。
画像


朝食メニューも健康的な和・洋の朝食バイキング。館内にある豆腐製造工場で大豆から手作りした、できたて豆腐や焼き立て豆乳パンが並びます。


画像泊まった部屋も、赤谷湖を眼下に望む「ヘルシールーム」でした。
●減農薬、無着色のい草を使った畳
●壁は珪藻土
●フローリングのワックスは蜜ろう
●アトピー対策のオーガニックコットンを使ったリネン類

アメニティも天然素材のシャンプーを使うなど、アレルギーに配慮した客室です。


5月になれば、藤棚も
あつ湯・ぬる湯で交互浴


画像男女別の大浴場「民話の湯」は天井も高く、とても雰囲気のいい浴場です。
泉質は「カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉」。無色透明でしっとりと肌に馴染むお湯はカルシウム分が多く、飲めば胃腸にもいいという名湯。神経痛や関節痛、腰痛などの凝りや痛みも和らげます。くせがなく、まろやかな肌触りですが、露天風呂に敷かれた岩が青光りするほど、つるっつるのいいお湯でした。露天風呂はぬる湯とあつ湯の2つの浴槽があって、交互浴もできます。露天風呂にぬる湯があるのは珍しいですが、ちょうどいい温度で長湯ができます。露天風呂の藤棚が紫色の可憐な花をつける5月GW明け頃は、とくにおすすめですよ。

画像温泉で温まった後には、猿ヶ京に伝わる「民話の語り」を聞きましょう。
この日は名物女将である大女将・持谷靖子さん(69歳)による民話と餅つき体験がありました。杵を握ってペッタンペッタン。慣れないながらもおもしろかった〜。

猿ヶ京ホテル

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1171
●全60室
●1泊2食13,800円〜(一人宿泊可 平日限定18,000円〜)
●IN 14時/OUT 10時
●日帰り入浴 可(1050円、13〜16時、不定休、要問合せ)

みなかみの食材がフレンチに

翌日(2010年2月18日)は、群馬県みなかみ町商工会主催の「食」プロジェクトに参加しました。その土地で採れたものをその土地で食す―地産地消の動きが観光旅館でも採り入れられつつありますが、さて、群馬の食材はどう変身するのでしょうか?

みなかみ町にはりんごやいちご、ブルーベリー農家も多く、隣の昭和村はこんにゃく芋の生産が日本一。群馬には上州牛というブランド牛もあります。「みなかみの食材を使ったフランス料理の昼食会」はそんな地場の食材の活かし方を考えようと商工会が主催したもので、東京・池袋などでフレンチレストラン「パリの朝市」を展開するオーナーシェフ、大貫渉三さんが腕を振るい、地元の旅館や飲食店関係者などが食材の活用方法を探りました。
                   

画像
コースは、アミューズ・ブーシュ@という日本料理でいう先付けから始まります。
小さな茶碗蒸しの中に甘エビのすり身やユリ根などが入り、泡立てられたういきょうのクリームの上にうにがのった上品な一品。小さな器からいろいろな食材が出てきて、びっくり箱のよう。ホタテ貝と早春の野菜のサラダAはつぼみ菜やアスパラ、ラディッシュなどみなかみ産の野菜にラズベリーやでこぽんなどのフルーツを練りこんだ色鮮やかなゼリー状のこんにゃくを添えて。
このほか、群馬産のニジマス「銀ひかり」をオリーブオイルでレア状に仕上げたコンフィB、上州和牛のステーキC、月夜野のりんごを使ったアップルパイなどが、地元・月夜野びーどろパークのガラスの器などで供されました。これらのメニューはすぐに食べられるところはありませんが、各宿、各飲食店では日々、メニューを開発中です。
 
みなかみ町には、水上温泉、湯ノ小屋温泉、谷川温泉、宝川温泉、猿ヶ京温泉、法師温泉、湯宿温泉、上牧温泉など首都圏からアクセスが良く、泉質もよい17湯があります。

地場産食材を使った早春の味を探しに、旅に出かけてみませんか。

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文