温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第11回】おもしろ温泉C 砂むしでほかほか 〜指宿白水館〜(鹿児島県・指宿温泉)

<<   作成日時 : 2009/11/10 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像美容や健康に絶大な効果を発揮する、究極の入浴法・砂むしを体験したことはありますか?

指宿温泉の摺ヶ浜沿いには、指宿火山群の高温地熱によって温められた温泉水が幾筋もの白い煙をあげています。温度は80℃以上。うっかり触ってしまってはやけどをしてしまうほどの熱さなので自由に海に入ることはできません。

砂むしはこの高温泉を利用した自然療法。大正〜昭和初期には湯治宿がひしめき、多くの湯治客でにぎわっていたそう。現在は公営の砂むし会館砂楽以外に、旅館やホテル内でも砂むしを体験できます。

砂に埋もれて
ぴかぴかボディに


画像指宿白水館の大浴場は、江戸の風呂をイメージした元禄風呂。いろいろな浴槽があってテーマパークのように楽しいお風呂です。通常、テーマパークのようなお風呂の場合、温泉の湯量や泉質に自信がないことが多いのですが、ここは違います。大浴場にある浴槽がすべてかけ流しというから、驚きです。

泉質はナトリウム−塩化物泉がメインで、使用している源泉は5本、毎分1400リットルもあります。使っていない源泉まで入れると15本を所有しています。

創業者である先代社長は、昭和30年代、ハワイをイメージした温泉地づくりを行ってきましたが、そのブームが去るや否や、和風旅館に転換、源泉も廃業した宿から買い取るなど、時代の先を読み取る先見の明があったようです。

このでっかいお風呂がかけ流しというのも驚きですが、次の3つがすべて揃っている宿というのもかなり珍しいでしょう。温泉好きも納得の充実度です。

・約70℃の源泉を使った砂むし
・源泉の温冷交互浴
・電気サウナではなくて温泉の熱であたためる「天然蒸し風呂」
 

では、さっそく指宿名物・砂むし温泉へ。
画像70床設けられたマスの一つに浴衣1枚であお向けになると、温泉水を吸収したズッシリと重い砂を、宿のスタッフがスコップでかけてくれます。

ふくらはぎ、太もも、おなか、胸…。足の先から肩まで埋まって、砂から出ているのは頭だけ。砂をかけられてから1〜2分のうちに、顔中から汗が噴き出します。

こうして10〜15分。体中に温泉熱が浸透して、出たあとはぽっかぽか。シャワーで流せば、全身つるつる、ぴかぴかボディに。びっくりするくらいしっとりします。これはスゴイ。

よく温まるので、しばらくは温かい温泉には浸かる気がせず、冷たい源泉に入っていました。砂むし後の温冷交互浴も最高です!

砂むし温泉は医学調査も行われ、こんな効果があることがわかっています。
<血流がよくなることで老廃物を排出し、炎症や痛みの元をとりさる>
普通に温泉入浴するのと比べると、効果は3〜4倍!!神経痛や腰・肩の痛みなどの症状にいいようです。

ところで、「この砂はきれいなの?」
そんな疑問を持つ人がいるかもしれません。
宿の人に聞いてみると、砂は毎日高温の温泉水で洗っているので清潔。定期的に海辺の砂とも交換しているそうですよ。


薩摩のお宝がいっぱい!
薩摩伝承館


画像最後に、宿の敷地内に昨年誕生した「薩摩伝承館」をご紹介しましょう。

宿が創業以来蒐集してきた薩摩焼や中国陶磁器など約3000点のコレクションから常時約380点を展示するお宝美術館です。

館内に並ぶのは、西洋に輸出された薩摩金襴手や京都で作られた京薩摩など豪華絢爛な品々ばかり。メインホールでは結婚式をはじめ多目的なイベントの開催もできます。

また、併設する「リストランテ フェニーチェ ディ アクアパッツァ」は東京・広尾にあるイタリアンの人気店「アクアパッツァ」の姉妹店で九州一号店。宿泊者は館内で和食か、アクアパッツァでイタリアンのどちらかを選ぶことができます。

この日のメニューは地元産野菜を使ったバーニャカウダや薩摩前菜盛り合わせ、カマスのコンフィかりかり焼き、黒豚とジャガイモのニョッキ、鹿児島産和牛のグリルなど。

薩摩×イタリアンの新しいハーモニーをぜひ味わってみてください。

画像



指宿白水館

鹿児島県指宿市知林の里
●全205室
●1泊2食15,900円〜(一人宿泊可24,350円〜、砂むしは別料金:大人1,050円、小人735円)
●IN 15時/OUT10時
●日帰り入浴 不可

薩摩伝承館
●入館料 大人1,500円、大学生1,200円、高校生600円、小・中学生300円
●開館時間 9〜17時

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントへのお返事、ありがとうございました。指宿温泉と言うと、砂蒸しが思い浮かんでくるくらい、有名ですが、残念ながら、私は行ったことがありません。記事と写真で、行った気分を味わわせて頂きまし(笑)。
砂蒸しとは違いますが、こちらも有名な秋田県の「玉川温泉」は行ったことがあります。母が癌になり、手術前に5日間だけですが、玉川温泉に入り、岩盤浴もしてきました。そのお陰か、進行具合が遅く、手術も成功したんですよ。北投石が放つ微量の放射線が、不治の病さえ治すと言われ、奇跡の温泉」と呼ばれる一端を垣間見た気がしました。
玉川温泉には、湯治色の強い玉川温泉、バリアフリーでお年寄りや障害者も安心して利用できる新玉川温泉の他、近年、「そよ風」という宿もオープンしています。
ただ、玉川温泉は、医師からも余命数カ月といった宣告を受けた方達が、一縷の望みを持ってやって来られるといった側面もありますので、観光や遊びでの予約は、遠慮して頂きたいと、個人的にな考えています。
また、時間ができましたら、野添さんのブログに立ち寄らせて頂きますね。

やっくん
2009/11/22 23:45
白水館の砂蒸しは、本格的ですね。
長田ドーム
2009/11/23 19:26
白水館の砂蒸し場は大浴場へ移動しやすく、天井も高くてきれいです。

海辺で砂蒸しをしたいなら「砂楽」へ。宿の中だと、波の音は聞こえないので。
返信:長田ドーム様←nozoe
2009/11/23 22:16
最低な旅館ですね。やはり見掛けに振り回されるのが人間?
アガ
2010/05/06 17:15

コメントする

ニックネーム
本 文