温泉ライター 野添ちかこのお湯の数だけ抱きしめて

アクセスカウンタ

RSS 【第6回】山形県・蔵王温泉 〜皮膚病・美肌の名湯

<<   作成日時 : 2009/08/26 16:50   >>

トラックバック 1 / コメント 2

画像奥州3高湯の一つ、最上高湯と称された山形県の蔵王温泉は樹氷とスキー、そして強酸性の硫黄泉で有名な温泉地。

開湯は110年。日本武尊(やまとたけるのみこと)の蝦夷征伐に従った吉備多賀由に毒牙矢が当たり、全身に毒がまわって苦しんでいるとき、この温泉を発見して全快、高湯(多賀由)温泉と名付けたのが始まりです。

殺菌効果が高いため皮膚病や水虫などのほか、血清のない時代にはマムシに咬まれた人の毒消しにも使われていたそう。また、「小児丈夫に育つお湯」として、小児の疳、虚弱体質、小児ぜんそくなどにも効果を発揮してきました。

「戦後は、疥癬(かいせん)の治療のために2〜3週間、湯治に訪れる人がいましたね。湯治に来て10日くらいすると皮膚がボロボロ剥けて、新しく生まれ変わるんです。今でもアトピー性皮膚炎を治すのに1学期、学校を転校してきて治した女の子もいますよ。子供のあせもはここの温泉に3回も入ればすっとひいていきます」。
と話すのは、五感の湯つるやの堀是治社長(67歳)。自家源泉を持つ16軒の宿のうちの1軒です。

バスターミナルのすぐ目の前にある、五感の湯つるやには男女別の大浴場のほかに、4つの貸切風呂(有料)があります。

画像「北斗の寝湯」は、堀さんが若い頃知り合いからもらってきたという、玉川温泉の北投石を砕いて敷き詰めた寝湯のある風呂です。「酸性・含鉄・硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物泉」の湯と北投石のコラボレーション。ダブルで効きそうな気がします。

さまざまな成分が溶け込んだ乳白色の湯は、よく温まり、全身から汗が噴き出してきます。浴槽から出た後もすぐには服が着られないほどですよ。


強酸性泉といえば、草津温泉などが有名ですが、蔵王温泉はpHが1.4〜2.0程度。舐めると酸っぱい温泉は草津よりも強い酸性ですが、入った感触は強酸性とは思えないほどマイルド。数分のうちに手の指はしわしわになってきますが、お風呂から出たあとはさっぱりとして一皮むけたようにつるつるになります。

蔵王温泉のすごいのは、温泉街にある47本の源泉すべてが自然湧出泉ということ。湧き出た温泉は「酢川」となって温泉街を流れています。


画像温泉街には「上湯」、「下湯」、「川原湯」の3つの共同浴場もあります。イチオシは、「川原湯」(入湯料:200円、営業時間:6〜22時、定休日:なし)。足元のすのこの下からぷくぷくと湧く新鮮な源泉に浸かることができます。

温度はかなり高いですが、全身の細胞ががシャキッと目覚める熱さです。
源泉に川の水が少しだけ足されていますが、すぐには入れず、何度も何度もかけ湯をしてから入りました。

そのほか、自然の中で湯浴みができる蔵王温泉大露天風呂(入湯料:450円、営業時間6〜19時、定休日:なし、冬季休業)も風情たっぷりでおすすめ。とくにこれからの紅葉シーズンは人気のスポットです。




五感の湯つるや

山形県山形市蔵王温泉710
●全41室
●1泊2食12,750円〜(一人宿泊可14,850円〜、にごり湯プラン10,650円、素泊まり平日5400円など)
●IN 15時/OUT 10時
●日帰り入浴 可(500円、13〜15時30分)

※掲載情報は変更になる場合もございます。
ご予約の際には、必ず内容をご確認ください。

月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
蔵王地蔵尊で秋季大祭・修祓式
蔵王地蔵尊秋季大祭・修祓式が24日、蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅近くに鎮座する同地蔵尊で行われ、紅葉シーズンに訪れる観光客と冬山のスキー客の安全を祈願した。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2010/09/25 22:12

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。やっくんと申します。
蔵王の大露天風呂、5年ほど前だったか、入りに行ったんですが、一緒に行った父が狭心症の発作を起こして、目の前まで行ったのに、そのまま帰る羽目になってしまった思い出があります。
山形県は、遠刈田温泉の三冶郎さん(この字で合っていると思うのですが・・・)や、かみのやま温泉[葉山地区]の日本の宿古窯さんなど、何度か利用させて頂いていいるので、思い出してしまいました。
また時間がある時に、他の記事も拝見させて頂きますね。
これからもご活躍を!
やっくん
2009/11/20 23:34
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
蔵王温泉でのお父様の発作、大変でしたね。高地でもあり、その場所にいるだけで普段とは違う刺激があるのかもしれませんね。

このコーナーでは、私が行ったなかで、お薦めできる温泉地、宿を紹介していく予定です。
行ってよかった温泉地の情報なども、ぜひ教えてくださいね!

返信:やっくん様←nozoe
2009/11/22 10:22

コメントする

ニックネーム
本 文